色が見えるということ

この世に生まれてから
生涯を終えるまで

私たちは
太陽から降り注ぐ光に包まれ

周波数が織りなす
「色」に囲まれて過ごします。

人が認識できる色の数は
750万~1000万色

ハイカラーといわれる
パソコンのディスプレイが表示できる色は
6万5000色ですから

見える色の精妙さは
驚きの数ですよね。

視覚には

色や形を見分けるほか
大きさや距離、空間
透明、不透明、光源

などを認識します。

人間の五感の割合は
視覚 87%
聴覚 7%
触覚 3%
嗅覚 2%
味覚 1%

NO.1 は 視覚情報
認識の速度は形よりも色が優位なんです。

すごいですよね。

さらに

驚くのは私たちの体。

虹色の周波数をもつ光が
視覚を通して身体に入り

周波数ごと
つまり特定の色と関連した臓器
機能するのに必要な成分、
生命維持にも

深く関係しているんですよ。


私たちが見ている「色」は
色彩としてだけでなく

さまざまなエネルギーをもたらし
膨大な情報と繋がっているんです


人体の凄さ
ココロトカラダの繋がり
細胞に織り込まれる日々の記憶
潜在能力のすばらしさ

虹色チャクラ、色彩情報を通して
望む未来を創造し
輝かせてください。


★ココColor★
 参考書:さくっとどこからでも読める色雑学
おもしろくてためになる色の雑学事典
岩本 知莎土
日本実業出版社
 
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。