色を読み取る

「色を読み取る」とは?

色が持つ情報を言葉へ翻訳する
ということ。

サグラダファミリア

日常起こる出来事、

言動や行動、趣味趣向、
生立ちで培った価値観や概念、
身体的遺伝や特徴、
肌・目・髪・の色や体つきの違いなど

様々な事柄すべて

異なる周波数として
あなたの細胞に
記憶されていているんです。

驚きでしょ!

心惹かれる“色”は
あなたが記憶して共鳴する
周波数=色彩波長ともいえます。


色を選ぶということ

バイオリズムとして
顕著に表れる特徴を映し出し
それを読み解き言語化するのが

「色を見る」となるのです。



十人十色 千差万別

色を選ぶということは、
特定の情報に共鳴共感すること。

色をとおして
今、顕著な情報の一部を教えてもらうわけです。


反応する色の組み合わせは、千差万別。
選ぶ色は、毎回違って見えても、
それは、切り取られた情報の部分が違うのです。

繰り返し選んだ色の配列を見ると、
見た目が違っていても、
おんなじ情報を教えてくれます。

当然ですが、
わずか数色の組合せで
その人のすべてを読み取れるわけではありません。

より深くアクセスするならば
選びだす色を数パターン必要です。

本質を理解するには
より多くの情報と触れる

人付き合いと同じすよねw


表面的な意味や物事に囚われてしまうのは、
人の常。

フラットな状態で
自分や周りを見ることができれば

驚くほどシンプルで
願いが実現する方法も理解ができ
目標到達への歩みもジャンプアップできるんです。


人によって色の読み解き方に違いはありますが、
色がもつ意味は、大なり小なり変わりがありません。

好きな色 気になる色

日々の生活に色どりを増やし
色に秘められたパワーを味方に
輝いて!!

Life can be beautyful!
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。