湿邪

湿邪(しつじゃ)

文字だけ見ると
…(-“-)…妖怪がぁ

出…でそうな感がぁ~しますw


普段より湿気が多くなる梅雨。

★体質的に湿気の影響を受けやすい人
★抵抗力が下がっている人

は、湿気の影響を強く受けてしまいます。
その人にとって過剰な湿気は体に害を及ぼすため

その湿気を中医学では

「湿邪(しつじゃ)」 と呼びます。

また、
“湿邪”の影響を体が受けると…
体内の水液代謝に影響がでて、
水液の滞りが生じます。

この体内の水液の滞りを中医学では
「痰飲」というのだそう。


梅雨時期の体調不良の多くは
この体内の水の流れ「痰飲」が原因なんだとか。

  ↓ ↓ ↓
体が冷えやすく、むくみやすい、脂肪がつきやすい、
代謝の低下、アレルギー薬を常用される方は
特に 体内の水液が滞ります。
足のみならず顔まで浮腫むなら要注意!!


生命力、血、骨、筋肉 をつかさどる
“レッドの力” =第一チャクラを動かして
エネルギーを循環させましょう♪

【第一チャクラ】 お臍より下3センチと中心とした下半身
あひる


*・。.☆・*・。.☆・*・。.☆・*・。.☆・*・。.☆・*・。.☆・*・。.☆
★ココカラ チャクラ★・:;.+'+.::'.:.・+.+.':+・'

レッドのレシピ
・目覚めたら、起き上がる前に左右ゆっくり体を伸ばしましょう。
・起きたて、口をよくゆすいでからコップ一杯のお水を一気に飲み干しましょう。
・日中、仕事や家事の合間に”気付いたらんストレッチ”。股関節や骨盤を左右ゆっくりまわしましょう。
・心のつまりを感じたら、散歩ついでに大股で歩こう。
・夏場でもお風呂に入ろう!
・寝る前に開脚、柔軟ストレッチ

♪以上に慣れて来たら…ちょい筋トレしてみよう。


☆Yamaguchiメッセ☆ 
赤い力はマッチョになる筋肉運動に限らず!
ちょっとした合間に体を動かし、水を適度に飲んで水分を入れ替えることが大切。
スポーツが好きな方は、しっかり体を動かし汗をかき、よく眠るのが一番です。
そうでない方は…すりこ木麺棒で足全体をご~しごし!
筋肉が衰えないようストレッチと体感を鍛える運動をしましょう
生きる本能、本能的な判断力が養えます。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。