金木犀の色

Hu~~~♪

どこからともなく漂う
あまく きゅんとする

金木犀
の か ・ ほ ・ り

秋ですね~♪

c156d5e77677b46786db1671b68a6554.jpg


外を歩くだけで五感が刺激され
つい回り道。
*暗い道は要注意!!!

秋の風情 よいよね!

 +   +   +   +

カラーセラピーでは
金木犀の花色を
『ゴールド』
と呼びます。

ゴールドは
人生の機微

結構な負荷(痛い経験のことーw)を
体験するほど( ;∀;)

様々な“思ひ”は記憶と結びつき
いまよりもっと~  と

限界や制限を打ち砕きます。

砂金が金塊になるまでの
なが~い道のりのように。

原石である
☆あなた☆を研磨して。。。

ひととなりを耀かせます!!

タカラハ オマエダ


司る経絡は

本能と経験を結ぶ
丹田(たんでん)と鳩尾(みぞおち)の間。 
“腑に落ちる” チャクラ。


『ゴールド』 に心惹かれる時
この色を身近に置いて
意識してみて!!

心の衝撃を緩和したり
超える為の意志と勇気を引き出したり
内なる輝きを磨いたり
再生、再構築をサポートします。


ココロとカラダの声が
よくわかんないときはー

瞑想、ヨガ、カラーセラピー、
鍼灸、マッサージ へGO!!

手軽な刺激は香!!
オレンジ、ベルガモット
アールグレーティー がおすすめ♪

ぼんやりしていた心の声が
はっきり聞こえてくるまで
続けてみて~!

kinmokusei.jpg


<豆知識>
[原産国] 中国南部 *日本には江戸時代に渡来したとか。
[芳香] 室内香としてポプリにしたり

[ 食 ]  桂花茶、桂花陳酒、飴、花を砂糖漬けして和菓子の彩、洋菓子に。
       *おかゆ にも入れたりするらしい~。
[薬膳] 蕾を採取し風とおしの良いところで乾燥。
 効能:温裏類(臓腑を温め、冷えの症状を改善する食薬)に属す。
     腹の冷え、疼痛、歯痛、咳、喘息、口臭などの症状を改善。
[精神的意味]
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。